超 現実主義!家の塗替え専門店 ジャパンテック神奈川
私たちがお伺いします
電話番号「0120-770-591」

【厚木市】 ジョリパット外壁に繁殖したカビ・藻類を殺菌して、外壁塗装

厚木市 M様邸 1日目から工事完了まで

工事前の様子
カビ・藻類が気になるヶ所

工事前の様子
拡大写真
下地処理が大切!

【 M 様邸 サイディング壁/スレート屋根  メンテナンスの全て】

工事中の様子は、このページでご説明させて頂きます。「家を守るための作業」・「雨漏り対策」・「塗装で塗ると見えなくなる下地処理」・「工事の裏側」を、ご確認ください。10年~15年に一度の塗替え工事。全力で工事をさせて頂きます。

1日目 ご近所には挨拶回り済みです。  足場の組立を行います。

↓■工事前の全体の様子です。

↓■仮設足場の組立です

足場の組立が完了しました。  M様 お車のご移動有り難う御座いました。

足場のかけ方で、作業のしやすさが決まります。  良い工事をさせて頂きます! 宜しくお願いいたします!

 

2日目 高圧洗浄作業です

↓■スレート屋根の高圧洗浄です

表層塗膜が劣化しており、入念に洗浄をする必要がある状態でした。

ご近所に汚れが飛ばないように養生・施工方法を考えて作業を致します。

 

 

↓■高圧洗浄を行いました。  太陽がサンサンとスレート屋根を乾燥させていきます(^^)/

 

 

 

↓■雨トイの中です。  洗浄の汚れなどが入りますので、清掃しておきます。

 

 

 

↓■”雨トイの外側面の洗浄”  雨トイは汚れが付きやすいです。 洗浄機で出来るだけきれいにします。

 

 

 

↓■ジョリパット外壁のカビ菌類を除去します。  外壁の凹凸が激しく、粗い目の中にも入り込んでいますので、入念に洗います。

ジョリパット外壁には、色々な種類があります。  なめらかなジョリパット外壁もあれば、ザラザラで凹凸が大きいタイプもあり、後者については、きちんとした下地処理が必要となります。

 

洗浄の際にできる限り落とすように致します。

後ほどの作業工程で、”浸透型の除菌剤”を使用して、カビ菌処理を行います。

 

 

↓■正面側のサイディング外壁です。  こちらもカビ菌・藻類を除去いたします。

 

 

 

↓■シャッター本体 窓ガラスも高圧洗浄でお掃除させて頂きます(^^)/

 

 

3日目 塗装作業

↓■”昨日、洗浄したスレート屋根です”  汚れの落ち具合など、点検いたしました。

 

 

 

↓■ベランダ手すりです。 傷つかないように養生テープを張っておきます。

 

 

 

↓■エアコン配管カバーの取り外しの様子です。

エアコン配管にカバーが付いておりましたが、塗装工事をする際には一度カバーを外させて頂きます。

その際に、エアコンのドレンホースなども一緒に点検しておきます。

 

 

↓■床廻りの養生です。  シート養生

 

 

 

↓■”窓廻りのコーキング材を撤去”  古いコーキングが山盛りだったので、新しく注入するコーキングの厚みが確保出来るように致します。

 

 

4日目 ”コーキング作業”  ”スレート屋根作業”を進めます。

↓■窓廻りのコーキングです。  新しいコーキング材を注入いたします。

使用しているコーキング材は オートンイクシード(超耐候タイプのコーキング材)です。

外壁の仕上がる色に合わせて、同じ色になるようにオーダーをしています。

 

 

↓■窓廻り コーキング注入後の様子です。

 

 

 

↓■サイディング目地コーキングです。 古いコーキングを撤去し、マスキングテープを張ります。

 

 

 

↓■目地の中にプライマー(接着剤)を塗ります。

目地の内部に、プライマーをたっぷりと塗り込みます。  プライマーの塗り込みが少ないと、コーキングのハガレにつながります。

 

 

↓■目地の奥底に”ボンドブレーカー”をはります。  これは、底面にコーキング材が付かないようにする為です。

コーキングは、サイディングのコグチ面に密着させて建物の動きに追従する様に致します。 

そのため、奥底には”ボンドブレーカー”を張って、コーキング材が触れないようにしておきます。(重要な作業項目です)

 

 

 

↓■サイディング目地のメンテナンス  仕上がりの様子です。

 

 

 

↓■”スレート屋根材  下地強化塗料” たっぷりとスレート屋根に吸い込ませます。

浸透型の強化塗料なので、たっぷりと吸い込ませます。  ここでは多量の下地強化材を使用いたします。

 

全体写真は塗装後です。

屋根材が多少色濃くなったでしょうか。。。 ここをきっちり管理して行きます。

 

 

↓■棟押さえの釘打ちです。   ステンレスの釘を打ち込みしておきました!

 

 

 

↓■金属部のサビ止め塗装です。

 

 

5日目 カビ除菌作業の様子です。

↓■北西辺りのジョリパット外壁に発生した、カビ・菌類の除菌を行います。

北西のジョリパット外壁の写真です。

黒ずんで居るところがありますが、高圧洗浄でも落ちきりませんでした。

 

この辺りにカビ除菌材を塗り込んで行きます。

 

 

↓■カビ除菌材 1回目塗装。  除菌材をたっぷりと吸い込ませます。 これはアルコール型の除菌材です。

アルコール型の除菌材は、周囲への影響が少なく浸透型・放置タイプです。

カビキラーなどは”次亜塩素酸型”で、塗布後に洗い流す必要があります。

 

汚れの程度・家の敷地周りなどによって、使用する材料を変えます。

次亜塩素酸型は植木などには悪い影響がありますので、注意が必要です。

 

 

↓■カビ除菌材 2回目塗装。  たっぷりと吸い込ませて放置します。

 

 

 

↓■カビ除菌材の塗装後。  2回塗りを行いました。

アルコール型除菌材は、見た目の変化はありません。  殺菌をするお薬です。

 

M様 下地処理として、施工するか・しないかは、業者の目利きによるのですが、私は重要な作業だと考えているので施工させて頂きました! 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~外壁リフォーム工事 外装の色んな所の補修工事~

ジャパンテック神奈川では、工事中の様子をお客様が確認できるように作業写真を更新しております。

もし、『うちの家と同じ壁だ』 『うちとおなじ屋根だ』 と思われた方。

一切の手抜きも工程も減らしておりませんので、あなたの家の塗装工事成功の為に、作業内容は参考にして頂ければと思います。

塗装工事で一番大切なのは、傷みに合わせた作業内容と下地調整です。 
外壁3回塗りは当たり前。傷みがひどければ、4回塗り・5回塗りと増やしていきます。 


0120-770-591

電話番号「0120-770-591」

電話番号「0120-770-591」


 

工事後のアフターサービス 点検報告です

アフターNO、2396

外壁塗装 2011年実施

サイディング外壁塗装

塗装後、ひび割れが発生・補修工事

詳細を見る

アフターNO、2395

外壁塗装 2010年実施

サイディング外壁塗装

3度の塗替え工事のご依頼を頂戴したお客様

詳細を見る

アフターNO、2396

外壁塗装 2010年実施

サイディング外壁塗装

屋根セメント瓦・外壁サイディングの点検

詳細を見る

ジャパンテック神奈川

ジャパンテック神奈川
神奈川県綾瀬市寺尾本町3-6-2

更新日 2021年5月20日(木)
外壁塗装ならジャパンテック神奈川へ

  • 現在のサイトです
  • 遮熱サイトへ
  • 光触媒塗装サイトへ
  • アフターサービス日記
  • 施工事例