超 現実主義!家の塗替え専門店 ジャパンテック神奈川
私たちがお伺いします
電話番号「0120-770-591」

【座間市W様】ジョリパット外壁の塗り替え(大切なのは下地調整)1

座間市 W様邸 1日目から工事完了まで

工事前の様子

工事前の様子

【 W 様邸・サイディング外壁塗装のはじまり~終わりまでの全て】

工事中の様子は、このページでご説明させて頂きます。「家を守るための作業」・「雨漏り対策」・「塗装で塗ると見えなくなる下地処理」・「工事の裏側」を、ご確認ください。10年~15年に一度の塗替え工事。全力で工事をさせて頂きます。

1日目 塗装作業

↓■足場の組立作業になります!

W様  昨年からの工事ご予約を、ありがとうございます。 良い工事となるよう頑張ります。

 

2日目 塗装作業

↓■スレート屋根(コロニアル) 高圧洗浄の様子です

本日の高圧ジェット洗浄は、コロニアル屋根から洗浄します。 経年の汚れとカビ、藻類を除去してきれいな塗装素地を確保します。 

 

 

↓■軒廻り ・ ジョリパット外壁廻りの高圧洗浄です

付帯塗装部分と、2階外壁ジョリパットの洗浄。  

 

 

↓■ベランダ内部の高圧洗浄

バルコニー床面も、きれいに洗っておきます。 

 

3日目 塗装作業

↓■塗装の準備  物干し掛けを外しておきます。

塗装前の準備、バルコニー内壁付属の竿掛けを一度取り外しておきます。 きれいに塗り込むためです。

 

 

↓■エアコンの外壁貫通部の下地処理をします。  古い止水コーキング材を撤去。 

エアコン冷媒管の貫通穴部分は、塗料と相性の悪いコーキング材を発見しましたので撤去します。

 

 

↓■上記、写真ヶ所。  下地処理用のプライマーを塗り込みます。

施工後、剥離しないようシリコンバインダーにて対策します。

 

 

↓■雨トイの金物にも、下地処理プライマー

たてトイの金具根本にも、シリコンバインダー。 塗料が密着しないタイプのコーキング材には、全ての箇所に施工します。

 

 

↓■スレート屋根  棟包み板金に、補強固定をしておきます。  ビスにて、強固に固定。

続きまして、屋根棟包み板金のジョイント部。 ビスで補強して、施工後の強風対策。 

 

 

↓■棟包み板金、 新築時の釘が抜けかけていますので、打ちこみます。

もちろん、新築時のクギも打ち直します。。 

 

 

↓■棟包み板金のジョイントです。  コーキング処理しておきます。

棟包み板金は通常内部で止水処理されていますが、念のため 20,21 外部から密着プライマーの塗布後、コーキング止水処理を行います。

 

 

↓■コーキング処理 、 完了の様子です。

 

 

 

↓■外壁廻りの付帯塗装。  基礎水切りの下塗り

基礎水切りや笠木板金は、錆止め塗装。 

 

 

↓■スレート屋根の下塗りです。  写真は1階の屋根です。

最後に、1階屋根に下塗り。 お打合せの遮熱プライマーです

 

4日目 塗装作業

↓■塗装前のビニール養生作業です。  窓にペンキが付かないようにしておきます。

本日は、2階コロニアル屋根の施工です。 先に塗料が付着しないよう、サッシ等にビニール養生を。 

 

 

↓■玄関周り。  出入りが出来るように、ビニール養生です。

こちらは、玄関廻りの養生。 塗料が付着してはいけない箇所を、守ります。 

 

 

↓■スレート屋根(コロニアル)の下塗りです。  遮熱塗料(太陽光を反射するタイプの塗料です)

先日の1階屋根と同じ、遮熱プライマー。 上塗りの遮熱スーパーパラサーモシリコンの性能を、100%発揮させます。

 

 

↓■スレート屋根のひび割れを確認しました。  白い下塗りを行うと、ひび割れが『筋』となって見つけやすいです。

お打ち合わせの、クラックを発見。 

 

 

↓■スレート屋根のひび割れ補修の様子です。  1本1本漏れなく、施工します。

自閉型の防水材にて、対策を行います。 必要箇所全てに、自閉型特殊防水で施工後のクラック発生を抑制します。 

 

5日目 塗装作業

↓■コロニアル屋根のメンテナンス塗料です。

コロニアル屋根に、中塗りを行います。 

W様 ご指定の、遮熱スーパーパラサーモシリコン。 

 

商品の詳細についてはこちらをご覧ください  スーパーパラサーモシリコン

 

 

↓■スレート屋根(コロニアル) 塗装の様子です。  中塗り工程です。

こちらは、施工の様子です。

 

 

↓■屋根材の重なり部に、タスペーサーを取り付けします。 取り付け位置も大切です。

中塗り後は、上塗り工程前の準備。 毛細管現象防止の、タスペーサーを取り付けておきます。 

 

 

↓■外壁塗装の準備です。  ベランダ廻りの作業を優先して作業を行います。

残っているサッシ養生も、同時に進めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~外壁リフォーム工事 外装の色んな所の補修工事~

ジャパンテック神奈川では、工事中の様子をお客様が確認できるように作業写真を更新しております。

もし、『うちの家と同じ壁だ』 『うちとおなじ屋根だ』 と思われた方。

一切の手抜きも工程も減らしておりませんので、あなたの家の塗装工事成功の為に、作業内容は参考にして頂ければと思います。

塗装工事で一番大切なのは、傷みに合わせた作業内容と下地調整です。 
外壁3回塗りは当たり前。傷みがひどければ、4回塗り・5回塗りと増やしていきます。 


0120-770-591

電話番号「0120-770-591」

電話番号「0120-770-591」


 

工事後のアフターサービス 点検報告です

アフターNO、2396

外壁塗装 2011年実施

サイディング外壁塗装

塗装後、ひび割れが発生・補修工事

詳細を見る

アフターNO、2395

外壁塗装 2010年実施

サイディング外壁塗装

3度の塗替え工事のご依頼を頂戴したお客様

詳細を見る

アフターNO、2396

外壁塗装 2010年実施

サイディング外壁塗装

屋根セメント瓦・外壁サイディングの点検

詳細を見る

ジャパンテック神奈川

ジャパンテック神奈川
神奈川県綾瀬市寺尾本町3-6-2

更新日 2021年5月20日(木)
外壁塗装ならジャパンテック神奈川へ

  • 現在のサイトです
  • 遮熱サイトへ
  • 光触媒塗装サイトへ
  • アフターサービス日記
  • 施工事例